ベジママには「多嚢胞性卵巣症候群」に効果があるという『ピニトール』が配合されています。
ピニトールが、多嚢胞性卵巣症候群にどう作用しているのか?詳しく見ていきましょう。

 

ピニトールには多嚢胞性卵巣症候群を改善する効果がある?

 

海外では多嚢胞性卵巣症候群を改善させるために、ピニトールを使う事が多いといいます。
ピニトールを摂取すると、排卵率がアップしたという報告がたくさん寄せられているそうです。

 

ピニトールは天然成分なので薬とは違いますから、副作用もありません。なので安心して摂取することができるのも、嬉しいですね。

 

日本では多嚢胞性卵巣症候群の治療にピニトールを使うことは少ないのが現状です。
ただ、ベジママにはピニトールがたくさん配合されています。

 

葉酸を摂取しながらピニトールの効果も得ることができる優れたサプリメントです。

 

ピニトールを摂取すると、体はとてもいい環境になっていきバランスを保つようになります。
多嚢胞性卵巣症候群になると「カイロイノシトール」が不足するのですが、ピニトールがまたカイロイノシトールを生成してくれますので、かなり効果が期待できます。

 

さらにピニトールには、多嚢胞性卵巣症候群以外の排卵障害を改善してくれる働きもあります。
排卵障害というのは、不妊の原因にもなりますので早期に改善をしていきたい部分でもあります。

 

ですから、多嚢胞性卵巣症候群と診断されていない場合でも、ベジママを試してみるのはとても有効だと思います。

 

妊活を続けていても、なかなか赤ちゃんがやってこない・・・
多嚢胞性卵巣症候群だと診断されている・・・

そんな人におススメしたいサプリメントです。

 

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)とは?

多嚢胞性卵巣症候群というのは、卵巣に小さな嚢胞がでている状態です。
血中の男性ホルモンが多くなり、排卵しにくい体になっているのです。

 

排卵しにくいので、もちろん妊娠しにくいということになります。
つまり、多嚢胞性卵巣症候群は不妊の原因の一つとされています。

 

多嚢胞性卵巣症候群という名前を聞くと、なんだか難しい病気なのか?と感じますが
実は女性の10人に1人という割合で、多嚢胞性卵巣症候群が発症しています。

 

多嚢胞性卵巣症候群になると排卵しにくくなるという症状以外にも、男性ホルモンが多くなってしまい、体毛やヒゲが濃くなるという症状があります。
さらに、バランスが崩れてしまうので、太りやすくなるという症状もあります。

 

多嚢胞性卵巣症候群の原因というのは解明されていないのですが、元々男性ホルモンが多めの女性によく現れる症状だと言われています。
ただ、症状が軽度であれば自然に妊娠する可能性もありますし、治療をして妊娠する力を高めることもできます。

治療としては、内服薬を飲んだり注射をしたりして排卵を促すことが可能です。



★最安値公式サイトはこちら!★
葉酸サプリ「ベジママ」